今は専らサイディングボードや高機能タイルが外壁の

今は専らサイディングボードや高機能タイルが外壁の材料として主流で使われています。外材はしっかりと整備した工場でつくっていること、いろんなパターンで作られていること、簡単に取り付けることができること、汚れにくく出来ていることなどメリットが多いです。工場で作ってくるため短期間で外壁を作り上げることができる時代になりました。外壁塗装の素材とお手入れといえば壁を塗る方法がいいと思います。外壁塗装は長い年月外気にさらされた外壁の汚れや傷、ヒビなどを修繕していくものです。その昔はマンションの外壁にモルタルや漆喰が使われていたんですね。外壁塗装は1日や2日で終わる簡単な作業ではありません。約10年に1回しか行われませんので、しっかりと作業してほしいですね。どんな順番で行う工程があって、どのくらいの期間かかるのか見て行きましょう。外壁の塗装を行う工程は工事の1週間前工事の前に近所に外壁塗装をする旨を伝えます。外壁の塗り替えは家の周りに単管などの足場を組み立てますから、かなりの騒音がします。また、塗料にはニオイがあるので気をつけたいですね。苦手な人も多いです。あらかじめあいさつでしばしの期間迷惑がかかるかもしれません。と告げておくだけでもかなり気分は和らぐものです。家の外壁の塗装の料金は屋根の料金を含めると百万ちょっとですが、雨漏りの修理には150万円前後、たとえば、断熱材が雨にやられてしまって使えなくなったら、断熱材の入れ替えなどの工事に150万円、水に濡れた家はシロアリが発生しやすく、駆除するのに45万円、内部の工事はとにかく大変で費用がかかってしまいます。家を長く綺麗に使いたいなら、定期の外壁の塗り替えは、大変重要です。挨拶もなしでいきなり始まってしまったら「騒音やめろ!静かにしてくれ」「臭くてがまんならん!」と苦情をいってくることもあるでしょう。一声かけておくだけで印象が和らぎます。挨拶は必ずやっておくことの一つです。家が集まっているところなら近くにあるすべての家に挨拶にいっておくこをとおすすめします。コーキングは乾燥して固まるとゴムのようになって雨や水の侵入を防ぎます。しかし、長く経ってしまうとコーキングは極度に劣化してしまい、ポロポロと取れるように成ります。そこから雨や水分がはいると雨漏りや建物の歪みやカビ、結露など建物の内部にダメージを与える要因になります。ですので、サイデイングボードがしっかりしていると行っても10年に1回位は外壁塗装をすることが必要不可欠なのです。モルタルとしてはセメントと細かい砂に混ぜ込んである液体と混ぜ合わせることで作っている建物用の材料で、1980年代までよく使用されていましたので、昭和時代の建物になっている住まいにいっぱいつかっていました。モルタルとセメントが同じように思えても、砕いてコナコナにしたものが元の素材です。外壁塗装の下地になっているモルタルはこの材料に砂を混ぜてつくります。外壁を仕上げるものに使われていた材料として漆喰が有りますが、外壁の漆喰としてよく知られている石灰を使った材料で素材が少し違っているものです。これらの素材たちは、ずっと外にあることで、変色してしまうことがあったり、苔がたくさんついていたり、外壁が割れてしまったりして目に見えて劣化します。外壁の塗装を十数年ごとに行うことで長期に渡って戸建ての家を美しく維持することができます。でも、このような素材はあまりつかっていないのでしょうか。外壁を補修する専門職の人が減少しているので、今は特に重要となっています。サイジングボードは特に風や雨にあたっていてもヒビが入ったりすることが少なく、メンテナンスが必要ないように感じます。でも、それは間違っているのです。サイディングボードにもよく見ると継ぎ目が存在していてそこにシリコンコーキング入っています。
外壁塗装には塗料の価格がいろいろある

Categories: 未分類